ゲンタシン軟膏 アトピー

夏のアトピーの治療にゲンタシン軟膏を処方してもらいました。

わたしはゲンタシン軟膏に長年お世話になっています。

 

わたしは小さい頃からアトピー性皮膚炎があり、皮膚科に長年通っていました。

 

今は薬を塗らなくてもほとんど湿疹はない状態ですが、ひどい時は関節の裏側や顔や首といったところにアトピーの赤い湿疹がたくさんできていました。

 

特にひどくなるのが夏の季節です。

 

皮膚科の先生が言う通り、汗をかいたらすぐにシャワーを浴びればそんなにひどくはならないのでしょうが、そんな事はなかなかできません。

 

日中は掻くのを我慢しようと思いますが、寝ている間などに無意識に掻いてしまうのか、朝起きると痛々しい事になっている事も多くありました。

 

特に夏は患部がジュクジュクしてきてしまい、治るのもとても遅いです。

 

そんな時、皮膚科を受診すると処方されるのがゲンタシン軟膏でした。

 

クリームタイプもありますが、傷によってはしみてしまうので、軟膏の方が好きでした。

 

ゲンタシン軟膏を塗ると、翌日すっかり良くなってるという訳ではないですが、徐々に徐々にゆっくり時間をかけてジュクジュクした患部が乾いてきます。

 

毎日お風呂上がりの清潔な患部に根気強く塗ると結構きれいになり、痒みも少しずつ治ってきました。

 

やはり夏は汗をかく事によって細菌も繁殖しやすくなり、それが幹部の傷を悪化させてしまうので、ゲンタシン軟膏のような抗生物質入りの軟膏での治療は大切になると思います。

 

アトピーの状態がひどいとゲンタシン軟膏にステロイドの薬を混ぜてもらう事もありました。

 

先生によって処方は違うけれども、やはりジュクジュク患部にはゲンタシン軟膏が処方される場合が多かったです。

 

最近は私自身のアトピーも良くなりゲンタシン軟膏にお世話になる事はほとんどなくなりましたが、最近息子の足の引っ掻き傷に対しゲンタシン軟膏が処方されて懐かしい気持ちになりました。

 

(東京都 かぴばらさん)

 

ゲンタシン軟膏を市販で購入する方法の紹介!