ゲンタシン軟膏化膿ニキビ

化膿したニキビに効果があるゲンタシン軟膏

わたしはどちらかというと乾燥肌です。

 

ニキビができることは少なかったのですが、体調が悪かったりするとあごに大きなニキビができることがありました。

 

ついつい触ってニキビを悪化させてしまったとき、母がゲンタシン軟膏をすすめてくれました。

 

ゲンタシン軟膏は抗生物質が配合された外用薬で、化膿したニキビには効果的なのだそうです。

 

洗顔して、ゲンタシン軟膏を塗って、小さくカットしたガーゼをあてて眠ると翌日には赤みがひき、楽になったのを覚えています。

 

べたつくし、塗ったところがテカテカするので、日中塗るのには抵抗がありますけどね・・。

 

私も母になり、今もゲンタシン軟膏にはお世話になっています。

 

息子がアレルギー体質で、蚊に刺されるとひどくはれて化膿してしまいます。

 

また、あせもができやすく、夏になると毎年掻きこわして最終的にはとびひになるという・・。

 

主人の父は巻爪がひどいのですが、時々化膿してしまうことがあります。

 

会社員ですので、ドレスシューズを週5日ははきますから、爪周辺の血流が悪くなってしまうのでしょうね。

 

虫刺されにも、とびひにも、巻爪の炎症にもゲンタシン軟膏は使えます。

 

とびひの場合は塗る範囲が広いし、べたつくので、塗った後ティッシュオフしています。

 

皮膚科の先生に言われたのですが、使うときには中途半端には使わないこと。

 

使うときにはしっかり使って治すことだそうです。

 

中途半端に使っていると炎症がぶり返して菌が増加し、耐性菌ができやすくなり、ゲンタシン軟膏が効かなくなってしまうそうですよ。

 

数日使用しても効果がない時や赤みなどが悪化した場合は、使用を中止し、病院を受診するのがよいとのこと。

 

幸い我が家では症状が悪化したということはありません。

 

使用方法に気を付けながら、これからもお世話になりたいと思っています。

 

(東京都 みーちゃんさん)

 

ゲンタシン軟膏を市販で購入する方法の紹介!