ゲンタシン軟膏子供

子供のひょう疽の治療にゲンタシン軟膏を使用しました。

わたしは最近までゲンタシン軟膏という物を全く知りませんでした。

 

病院に行くような傷を作った事がなく、家族でも処方された者がいなかったため知る機会はありませんでした。

 

初めて知ったのは子供(次男)の爪が腫れてしまった時です。

 

まだうちの子は赤ちゃんなので爪切りハサミで親が切るのですが、深く切りすぎたのか端の方が白く腫れてしまったのです。

 

病院で診てもらい、ひょう疽だと言われました。

 

初めて聞く病名でしたが、要はバイ菌が入って炎症が起きているという事でした。

 

「塗り薬を処方しておきます」と言われて、無知な私は消毒液とかそのような物が出されると思っていました。

 

薬局の人から説明を受け、貰った薬には「ゲンタシン軟膏」と書いてありました。

 

化膿止めという事で、帰宅後すぐにゲンタシン軟膏を塗りました。

 

ゲンタシン軟膏は半透明の軟膏で固くもなく軟らかすぎる事もなくベタつきもなく、とても塗りやすい感触です。

 

1日2回の指示だったので朝夕と塗りました。

 

2日もすると腫れは引き、キレイに治りました。

 

素直にゲンタシン軟膏ってすごい!と感心してしまいました。

 

次にゲンタシン軟膏にお世話になったのは子供(長男)の足の爪が取れてしまった時です。

 

小指の爪をぶつけた衝撃で、ポロっと取れてしまったのです。

 

かろうじて繋がってはいましたがブラブラしているし、すぐに病院に行きました。

 

外科で処置をしてもらい、膿まないように軟膏を塗り保護するように指示されました。

 

処方されたのはまたゲンタシン軟膏で、このゲンタシン軟膏を塗れば大丈夫だと安心しました。

 

ゲンタシン軟膏のおかげで化膿する事なく新しい爪が生えてきました。

 

子供は擦り傷や切り傷などちょっとした怪我が多いです。

 

そんな時にゲンタシン軟膏を貰えるととても安心できます。

 

ゲンタシン軟膏は子供を産んで初めて知った軟膏ですが、もっと早く知りたかった所です。

 

(福島県 みゆさん)

 

ゲンタシン軟膏を市販で購入する方法の紹介!