ゲンタシン軟膏火傷

火傷したところにゲンタシン軟膏を塗りました

わたしは火傷した時、急いで皮膚科へ行ったところ、水ぶくれになっているので、なるべくつぶさないようすることが大切だけど、万が一、水ぶくれをつぶしてしまったらゲンタシン軟膏を塗りなさいと先生がおっしゃり、ゲンタシン軟膏を処方されました。

 

日常生活を送っていると、なるべく水ぶくれをつぶさないようにしようと思っても家事をしている時などに、水ぶくれがつぶれてしまって赤くなり、少しヒリヒリするのでゲンタシン軟膏を塗って、ガーゼ覆うようにしました。

 

しっかりと水に濡れないようにガーゼをつけた部分は、あまり使わないようにするなど、日常の中でも気をつけるようにしました。

 

火傷した後は、すぐ冷やしましたが水ぶくれが出来てしまって、つぶれることはたまにあります。

 

そういう時は、すぐゲンタシン軟膏をたっぷり塗って、ガーゼでカバーすると治りも早いということが分かりました。

 

朝晩の1日2回、ゲンタシン軟膏を塗った後、ガーゼ交換するようにしています。

 

細菌感染しないよう、お風呂へ入る時は、ガーゼ部分が濡れないように注意して、ビニールをかぶせるようにしています。

 

4日間ほどはヒリヒリしていましたが、その後はだいぶ火傷の赤みもひいてきたのでホッとしました。

 

火傷した当初は、ゲンタシン軟膏をたっぷり塗ってケアするようにしていましたが、だいぶ治ってきたので、ガーゼを外し今はゲンタシン軟膏の量を少なくしていきました。

 

治り具合によって軟膏の量を調整しながら使用していくのが重要なポイントになります。

 

ゲンタシン軟膏は、すり傷や切り傷など、細菌感染の予防ができるので、常備薬として持っていると便利な軟膏です。

 

皮膚科での処方になるため使い方は皮膚科の先生の指示に従って利用しています。

 

(神奈川県、ちゃんこさん)